Oisaka Electronic Equipment Ltd.
HOME 受託開発 納入実績 採用情報
企業情報
製品情報
お問合わせ
イベント

 

製品情報 > 筋電センサー > 概要

筋電センサー

測定対象の筋肉に装着し、リファレンスや電源を接続するだけで簡単に筋肉の活動量波形が測定できます。
ワイヤレスEMGロガーUと接続して使用する事も可能です。
センサは様々な用途に合わせられるように8種類をご用意。
乾式2極、乾式3極、湿式2極、小型乾式2極の4タイプにそれぞれ筋電波形(EMG)出力モデル、筋電波形(EMG)+積分筋電波形(IEMG)出力モデルからご選択頂けます。


          乾式2極

          乾式3極

          湿式2極

       小型乾式2極


リファレンスケーブル

乾式2極・湿式2極・小型乾式2極タイプと組み合わせて使用するリファレンスケーブルです。
バンドタイプは手首等に巻いて使用します。
クリップタイプは先端にディスポ電極をセットして使用します。


  リファレンス電極バンドケーブル

   リファレンスクリップケーブル


アンプユニット

筋電信号の大きさには個人差があり、筋電センサの増幅率を調整したいというニーズが少なからず存在します。
アンプユニットは筋電センサの増幅率を0倍〜4500倍の範囲で調整します。


               アンプユニット
                 (2CH仕様)


接続用基板

接続用基板は,筋電センサ及びリファレンス電極バンド受け側のコネクタが設置されている基板です。
筋電センサ及びリファレンス電極バンドを接続することでそれぞれの配線が容易に行えます。


                 接続用基板


筋電センサ取付用両面テープ

乾式タイプの筋電センサを取り付ける際に有用な両面テープです。
肌に優しく粘着力に優れた医療用の両面テープを使用しています。
センサのサイズに合わせて2種類をご用意しています。


  筋電センサ取付用両面テープ

   小型筋電センサ取付用両面テープ


ディスポ電極

ディスポ電極は湿式タイプの筋電センサやリファレンスクリップケーブルの先端に取り付けて使用します。
電極とコネクタが独立しているため、ケーブルの揺れが生じても電極は影響を受けず、ノイズが発生し難い構造になっています。
高導電性ウェットゲルも組み込まれているため、皮膚状態の影響を受け難く安定した計測が可能です。


   ディスポ電極(大人・子供用)

       ディスポ電極(乳幼児用)



<上へ戻る>

ご質問、御見積等は,こちらからお問い合わせください.

All Rights Reserved, Copyright
Oisaka Electronic Equipment Ltd 2018